個人年金ガイド TOP -> 保険金受取の「贈与」の仕組み

保険金受取の「贈与」の仕組み

個人年金保険の受取人を、支払いをする人とかえることは勿論可能です。
けれども個人年金保険金の支払いが始まった時点で、「贈与」が発生したことになりますので、税金が掛かることになります。
この際年金受取前と受け取り後では、課税法が違います。

保険料の負担者と受取者が同じ場合には所得税です。
けれども、保険料の負担者と受取者が違う場合には贈与税が掛かります。

基本的には、保険料を負担していない人が満期や解約又は被保険者の死去により、保険金を受け取った場合には、生命保険金の贈与があったと看做されるそうです。
被保険者が保険料を支払っていて、死去してしまった場合の生命保険金については、贈与税ではなく相続税が課せられます。

途中で契約者の名義変更などを行った場合には、保険料を負担していない人が、生命保険を受け取った場合に贈与税がかかることになります。
実家に住んでいて、親任せで個人年金保険の管理もお願いしている…。なんていう方も多いのではないでしょうか?
契約者と受取人が違う場合には、注意が必要です。

自分の老後の為の個人年金保険ですよね。
しっかりと見直して、税金対策をしましょう。
詳しくは国税庁のホームページに記載されていますので、対象となる人はきちんと確認をしましょう。

その他の記事

pagetop