個人年金ガイド TOP -> 個人年金保険のメリットとは?

個人年金保険のメリットとは?

個人年金保険のメリットといえば、何と言っても老後の備えが出来る点では無いでしょうか?
公的年金や企業年金だけでは、生活費が足りない分をしっかりとカバーしてくれるものが多いので、老後の為の投資先として人気があります。

そして、数十年で支給が打ち切りになるもの以外にも、終身で個人年金保険を受け取ることが出来るプランがあることも人気の一つです。
平均寿命が伸びていますし、終身プランは老後の不安解消のためにピッタリですよね。

また個人年金保険では、課税は受け取り時までのびるのもメリットの一つ。
投資信託ですと途中で課税されてしまいますが、年金保険なら課税は繰り延べされるのです。
目的に応じてプランが選択できたり、健康に不安がある人でも加入することが出来るのも、大切なメリットですよね。

まとまったお金があるとついつい使ってしまう人っていますよね。
老後の蓄えは後回しになりがち。
お金の管理や運用が苦手な人は、プロにお願いする方が確実に貯めることができますよね。

計画を立てるのが苦手な人は、ライフプランの見直しを、保険の担当員さんにお願いしてみるのも良いかもしれません。
必要額を知ることで、目標を制定し商品を選びやすくなります。
とはいえ個人年金保険にもデメリットはあります。

損得をしっかりと把握して比較し、自分に合った商品を選択できるようにしましょう。

その他の記事

pagetop