個人年金ガイド TOP -> 確定申告の際の必要経費や算出法について

確定申告の際の必要経費や算出法について

個人年金保険を受け取る時にも、税金は発生します。
契約者と受取人が同一名義の場合に、雑所得として所得税と住民税の対象になります。
但し税金は受け取った保険料全体に掛かるものではなく、受け取った税金から必要経費を差し引いた金額に掛かります。

個人年金保険の必要経費とは、年金額に対する払込額のことを指します。
必要経費率等が、生命保険会社のホームページなどで詳しく説明されているので、そちらを参考にして算出しましょう。

そして個人年金保険の受取金額が、必要経費を差し引いても年間25万円を超える場合には、その金額の10%が所得税として源泉徴収の対象になります。
源泉徴収の対象になった金額は、確定申告によって生産することができます。

公的年金と個人年金では、算出法が違うので注意が必要です。
所得金額の計算が判らなくなってしまう人もいるので、申告する場合にはなるべく早いうちに税務署で相談し、申告漏れや計算ミスが無いように確認をしましょう。

確定申告時期の税務署の電話や窓口は、非常に混みあいます。
早めに動くことを心がけましょう。
最近ではインターネットで確定申告書を提出し、必要書類を送付することもできますので、税務署へ行くのが困難な場合にはインターネットを活用しましょう。

その他の記事

pagetop